2018年10月13日

【涸沢】紅葉狩りの王道、涸沢カールでテント泊してきました【紅葉】

2018年10月7-8日 涸沢(2300 m)

DSCF2102.jpg(涸沢カールにて撮影)

今年の夏は週末に天気が悪い日が多く、登山に行けない日々が続いていました。
この時期ならば天候も落ち着くはず、と思い紅葉狩り登山に行くことにしました。

しかし、この登山の1週間前に最強クラスの台風24号が上陸。
さらに本週末には同等勢力の台風25号が迫るという不安な状況でした、笑
それでも台風の進路が外れることを期待し、登ってまいりました。

台風24号のせいか、葉はけっこう落ちてしまっていました。
ただし、台風25号が秋雨前線を連れ去ってくれたおかげで快晴。
山の中腹辺りでは赤や黄色に色づいた美しい景色を楽しめました。

詳細は続きから。




スポンサーリンク



■ 服装
EXライトウンドパーカ(mont-bell)
DEO DASH Mesh H/S Zip(Marmot)
サポートタイツ(ASICS)
ハーフパンツ(YONEX)
ウィックロン トレッキングソックス(mont-bell)
ストームゴーシュアルパインパンツ(Finetrack)
SCARPA クリスタロGTX(SCARPA)

涸沢ではダウンジャケットあるいはフリースのような防寒着必須です。




■ コースタイム
コース:上高地〜涸沢ピストン(横尾 経由)
[10/7 (日)]
(0530 松本バスターミナル発のバスに乗車)
0715 上高地バスターミナル
0925 徳沢
1035 横尾
1410 涸沢 到着

[10/8 (月)]
0755 下山開始
1030 横尾
1255 上高地バスターミナル
(1320 上高地バスターミナル発バスに乗車→新島々へ)

松本駅から公共交通機関で上高地に向かう場合は、5:30発の直通バスに乗ると楽です。
予約は不可。当日に並んだ順の乗車です。

上高地バスターミナルに着いた際には、帰りのバスの整理券を取っておきます。
この際、バスの時間は余裕を持って設定したほうが良いです。
私は、ギリギリで下山をかなり急ぐことになってしまいました。




■ 詳細
待ちに待った紅葉狩り登山。天気も良さそうということでワクワクしながら長野へ。
居住地が長野から遠いため、前日入り。土曜日の夕方に松本に到着しました。


なんとなく街中の様子を撮影。けっこう賑やか、でもゴミゴミしていなくていい街ですね。
DSCF2023.jpg


クラフトビールの出店が出ていたので、ちょっと寄り道。
白ぶどうのクラフトビールと名物の山賊焼きをいただきました。相性バツグン!!
DSCF2026.jpg


翌日は5:30松本発のバスに乗る必要があるので、この日は早めに就寝しました。





いよいよ登山当日!!
バスは予約制ではないため、発車の20分前には松本バスターミナルに行きましたが、この長蛇の列・・・。
乗れるのかと心配になりましたが、バスが2台体制だったので余裕を持って乗車できました。バス会社に感謝。
DSCF2031.jpg


バスに揺られること約1時間半。上高地バスターミナルに到着しました。
DSCF2033.jpg DSCF2035.jpg


バスターミナル周辺もある程度色づいていました。
DSCF2043.jpg


河童橋に到着。この日は若干雲が多め。
DSCF2046.jpg DSCF2045.jpg




ここからまずは登山口である横尾大橋を目指します。




途中の風景を載せてみます。
DSCF2053.jpg DSCF2057.jpg 
      DSCF2058.jpg DSCF2062.jpg
      DSCF2063.jpg DSCF2066.jpg
DSCF2070.jpg DSCF2071.jpg





上高地バスターミナルから歩き始めて3時間程度、横尾大橋に到着です。
4年前ぐらいの夏にも一度来ていますが、ほぼ平地といえど、けっこう長い歩きですね。
DSCF2075.jpg DSCF2073.jpg





紅葉が美しくなる登山ルートに入ります。
横尾大橋を渡って少し歩くと屏風岩が見えます。紅葉が綺麗でしたね。
DSCF2079.jpg DSCF2081.jpg


本谷橋に到着! 横尾から涸沢までのルートのおおよそ半分を終えました。
DSCF2087.jpg


吊り橋と紅葉が見事。秋を感じましたねー。
DSCF2156.jpg




本谷橋を越えると登りが続くようになり、道が少しずつ険しくなりました。
この当たりが紅葉のピークでしたね。
DSCF2095.jpg DSCF2093.jpg


パノラマ写真も撮ってみました。
DSCF2096.jpg





涸沢ヒュッテに到着!!
このスポットから1時間ぐらいで涸沢ヒュッテに到着です。
すでに多くの登山者が到着していて、カラフルなテントが涸沢を彩っていました。
「涸沢はテントも風景の一部」と耳にしたことがありますが、それを実感。
DSCF2118.jpg DSCF2102.jpg


涸沢のテント場は岩が多く、早いもの順で平坦な所から埋まっていきます。
早速、自分もテント設営の場所確保に向かいました。幸運にも比較的平らな場所をゲット!!
DSCF2103.jpg DSCF2104.jpg


場所も確保でき一安心。山で一晩の時はお約束の一杯。ラーメンもつけちゃいました。
DSCF2110.jpg




夕飯まで時間があったので、読書や一眠りしながらのんびりしました。ひたすらのんびり、山の贅沢。




夕飯のメニューも充実でした。豚の角煮(茶碗の後ろ)とかき揚げが特に美味しかったです。
DSCF2123.jpg


夜には星がとても綺麗に見えました。この時には雲ひとつない晴天で、空気も澄んでいました。
光の小さな星までも見え、星ってこんなにあるんだなーと実感。流れ星も4回見えました。
夜の写真は撮り慣れていないので載せられるような写真はありませんが。近いうちに練習して載せてみたい。





朝焼けを楽しんだ後、名残おしくも下山します。
翌朝も快晴。朝食前にモルゲンロートを眺めることができました。登ってよかった。
DSCF2136.jpg DSCF2138.jpg


朝食も美味しい。スパニッシュオムレツはお代わりしたいぐらいでした。
DSCF2141.jpg


ゆっくりしていたら、バスの時間まで残すところあと5時間になってしまいました。
ということでハイペースで下山しました。




途中に咲いていた可愛い花(実?)
DSCF2154.jpg




急いだおかげでバスの集合時間10分前に上高地バスターミナルに到着することができました。
この日の天気は前日よりもさらに良く、河童橋からの展望は最高でした!!
DSCF2160.jpg






というわけで、大満足の紅葉狩りテント泊登山でした。


北アルプスはもう寒くなってしまうだろうし、少し低山で今季もう1回テント泊したいですね。


では。








モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用] スカイブルー
Posted with Amakuri at 2018.10.13
モンベル(mont-bell)
売上げランキング: 44693


スポンサーリンク
posted by K-YSD at 11:45 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: