2018年07月28日

【鍋割山】名物「鍋焼きうどん」を食べてきました【寄からピストン】

2018年6月3日 鍋割山(1272 m)

DSCF1875.jpg(鍋割山山頂にて撮影)

忙しい毎日が続きますが、梅雨になる前にどこか登りたい欲が・・・。
というわけで関東からアクセスしやすい鍋割山に登ってきました。

鍋割山は丹沢大山国立公園に含まれる神奈川県の山です。
山頂の鍋割山荘で食べられる鍋焼きうどんが有名。
テレビにも何度か特集され、私もそれで知りました。
鍋割山で鍋焼きうどんとはなかなか粋ですよね。

「寄(やどりき)〜櫟(くぬぎ)山〜栗ノ木洞〜鍋割山」という
比較的マイナールートで登ってきました。詳細は続きから。






スポンサーリンク




■ 服装
DEO DASH Mesh H/S Zip(Marmot)
サポートタイツ(ASICS)
ハーフパンツ(YONEX)
ウィックロン トレッキングソックス(mont-bell)
ティトンブーツ(mont-bell)

この日は、平地では29度近くまで気温が上昇。
半袖にハーフパンツ+タイツで十分でした。
半袖だとヒルに噛まれないか心配でしたが、出会うことなく終了しました。




■ コースタイム
コース:寄→櫟山→鍋割山→櫟山→寄
0720 みやま運動公園駐車場
0850 櫟山
0910 栗ノ木洞
1030 鍋割山山頂
  昼休憩
1140 下山開始
1430 みやま運動公園駐車場

コースタイムの目安は7時間です。
定期的に登ってる人にはちょうどいいぐらいですね。






■ 詳細
みやま運動公園から出発です。天気は快晴で暑い日でした。
運動公園駐車場から道を挟んで反対側にある登山口までの標識に従って進みます。
DSCF1840.jpg


登山口まではお茶畑の脇を歩いていきます。新緑が美しい。
DSCF1843.jpg


しばらく標識がなく不安になりますが、さらに歩くと分岐に標識があります。
DSCF1844.jpg


標識が示す方向に数分歩き、茶畑の脇の階段(写真右)を登っていくと登山口です。
DSCF1900 (1).jpg



登山口に到着です。ここから森の中に入っていきます。
DSCF1847.jpg




新緑の山は良いですね。何回来ても落ち着く景色です。
DSCF1849.jpg


途中で一回舗装道路に出ます。ここまで車で来れたら楽だなーと思ってしまったり。
まあ駐車場がないので無理なのですが。歳をとると楽したくなっちゃいますね、笑
DSCF1851.jpg DSCF1852.jpg

少し分かりづらいのですが、向かいに階段がありますので、そちらに進みます。
DSCF1853.jpg



登山口から1時間半ぐらいで櫟山に到着しました。
立て看板の後ろにある木が立派で、青空に映えていました。
このあたりは広いので腰を下ろして休むこともできます。ここで初めて自分達以外の登山客とすれ違いました。
DSCF1854.jpg DSCF1857.jpg





大倉登山口からの合流点になると、一気に人が増えました。人気の山なんだなーと実感。
合流点の少し前は少し痩せ尾根で道が細くなっているので注意してください。
DSCF1889.jpg DSCF1892.jpg



ここから山頂までは長い登りが続きます。山頂での鍋焼きうどんを早く食べるために早足で登ります。
DSCF1867.jpg DSCF1868.jpg





そして余裕を持って鍋割山山頂に到着です。
DSCF1882.jpg DSCF1879.jpg


到着した時間は10:30でした。鍋割山荘は10時から営業なのでちょうどよかったですかね。
鍋焼きうどんを待っている人たちは6名程度でした。注文して10分ぐらいで受け取れました。
うどん以外にもメニューが結構あります。山荘内の写真撮影は基本禁止だそうですが、メニューはオッケーと言われました。
DSCF1872.jpg DSCF1873.jpg




大自然の中で食べる鍋焼きうどんは最高でした。つゆの塩分が汗をかいた身体に染み入ります。
1000円とは思えないほどのハイクオリティ。10種類以上の具が贅沢に入っていて美味しいです。
DSCF1875.jpg



山頂からは秦野の街がよく見えました。天気に恵まれて良かった。
DSCF1886.jpg




ゆっくり昼食を楽しみ、下山しました。
鍋焼きうどんが非常に美味しくて満足でした。うどんを食す為に登る人の気持ちも分かりますね。




次は北アルプスへの登山を考えています。
今年の夏は猛暑ですからね。標高を上げて涼みに行きたいです。
皆様も夏場の登山は熱中症に気をつけて楽しみましょう。




スポンサーリンク
posted by K-YSD at 12:20 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: