2017年08月11日

【唐松岳】後立山連峰を縦走してライチョウに会ってきました(2日目)【五竜岳】

2017年8月3-4日 唐松岳〜五竜岳縦走

DSCF1228.jpg(白岳から西遠見山への登山道で撮影)

唐松岳〜五竜岳縦走ルートの2日目。残すは五竜岳登頂とアルプス平までの下山です。
五竜山荘から五竜岳までのルートは岩場と鎖場があってなかなかスリリング。
歩きやすく高山植物の多い唐松岳と荒々しい五竜岳の二つを楽しめる良いルートでした。

下山中には再び登山道上にいるライチョウに遭遇。しかも珍しく親子で散歩をしていました。
なかなか癒されましたね。ライチョウを見に唐松岳や五竜岳に行ってみてはどうでしょうか。
詳細は続きから。





スポンサーリンク






2日目の朝は4時半に起床。夜間に降っていた雨は幸運にも早朝に止んでいました。
朝日を拝みに山小屋の外へ。水平線まで続く雲海がとても綺麗でした。
DSCF1192.jpg DSCF1197.jpg

山荘から見る五竜岳方面。早くも雲がかかり始めていました。登頂した時には晴れてるといいなー。
DSCF1199.jpg


朝食をとり準備を済ませ、6時15分に山荘を出発。この時には五竜岳方面は雲の中・・・。
DSCF1208.jpg


五竜岳へのルートはこんな感じの岩場が続きます。ガスのせいで展望はほぼ無い状態でした。
DSCF1211.jpg DSCF1215.jpg


進むこと約1時間で山頂に到着。微妙にガスが晴れてきたおかげで剱岳方面が少しだけ見えました。
DSCF1218.jpg DSCF1219.jpg


五竜山荘までの下山中の景色。目の前に見えるのはおそらく唐松岳でしょうか。
DSCF1222.jpg




縦走ルートもようやく終盤。アルプス平まで下山
五竜山荘での小休止を終え、残すはアルプス平までの下山のみ。
とはいえ目安4時間のそれなりに長い行程です。温泉を楽しみに黙々と下っていきました。

五竜山荘からすぐの分岐。遠見尾根方面へ進みます。
DSCF1223.jpg DSCF1226.jpg



歩いているとまたまたライチョウに遭遇! しかも今度は親子だ!
写真には子供が1羽だけしか写っていませんが、他にも3羽ほどが近くの草むらを歩いていました。
母親の周りを子供が歩いて散歩しているようでした。とても可愛くて癒されました。
DSCF1227.jpg DSCF1228.jpg



さらに3時間ほど心を無にして下山。ガスでほとんど景色を楽しめませんでしたからね。
ニノ背あたりまで下山するとようやく下界の景色が見えてきました。あと一息。
DSCF1230.jpg DSCF1233.jpg
DSCF1235.jpg DSCF1237.jpg


色んなブログやサイトによると、遠見山一帯は熊出没注意エリアだそうですね。
確かに登山道にはクマの糞が何箇所もありました。通られる方は注意しましょう。


アルプス平駅に到着。お疲れさまでした!
DSCF1239.jpg



1泊2日で約30kmの歩きごたえのあるルートでした。
やはりアルプスは景色は素晴らしいですね。また連休に長野の山へ登山に行くことを楽しみにします。







スポンサーリンク
タグ:登山
posted by K-YSD at 09:45 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: