2017年08月06日

【唐松岳】後立山連峰を縦走してライチョウに会ってきました(1日目)【五竜岳】

2017年8月3-4日 唐松岳〜五竜岳縦走

DSCF1117.jpg(八方池付近から撮影)

今年の夏は北アルプスに行ってきました。
これまで北アルプスへ登りに行ったことはあるものの、全て悪天候で途中撤退。
今回、ようやく初めて北アルプスの山の頂を踏むことができました。

コースは八方スキー場〜唐松岳〜五竜岳〜アルプス平の縦走ルート。
唐松岳は展望が良く、八方尾根コースは登りやすいので登山入門者にも人気だそうですね。
五竜岳は唐松岳とは対照的。岩場や鎖場もあるのでワクワク感がありました。





スポンサーリンク






■ 服装
DEO DASH Mesh H/S Zip(Marmot)
サポートタイツ(ASICS)
ハーフパンツ(YONEX)
ウィックロン トレッキングソックス(mont-bell)
ストームゴーシュアルパインパンツ(finetrack)
SCARPA クリスタロGTX(SCARPA)




■ コースタイム
コース:白馬八方尾根スキー場→唐松岳→五竜岳→アルプス平
8/3(木)
0720 八方尾根スキー場ゴンドラ駅
0810 八方池山荘(ゴンドラ&リフト終着地点)
0900 八方池
1110 唐松岳山頂
1405 五竜山荘
8/4(金)
0615 五竜山荘出発
0715 五竜岳山頂
  休憩
0740 出発
0825 五竜山荘
1225 アルプス平駅
  五竜テレキャビンでエスカルプラザまで下山、タクシーで八方尾根スキー場まで移動

■コースは下記を参照(いずれも北アルプス登山ルートガイドへ移動します)
@八方尾根→唐松岳:http://www.japanesealps.net/north/karamatsudake/happouone.html
A唐松岳→五竜岳:http://www.japanesealps.net/north/goryudake/karamatsu_goryu.html
B五竜岳→アルプス平:http://www.japanesealps.net/north/goryudake/toumione.html




■ 詳細
朝の時点では山の上はガスり中。ゴンドラ駅に着いた時もそのままでしたね。
DSCF1083.jpg DSCF1085.jpg

ゴンドラで移動中。ガスってますねー。
DSCF1087.jpg DSCF1088.jpg

リフト乗り換え途中にある鎌地湿原。高山植物がきれい。
DSCF1096.jpg


ゴンドラ終着点の八方池山荘前に到着しました。
DSCF1099.jpg 
DSCF1100.jpg DSCF1104.jpg



この段階でもまだガスガス。展望は全くなし。
登っていくうちに晴れ間が見えることを期待して登山開始です。


八方池にて絶景を臨み、山頂を目指します
1時間程度歩くと八方池に到着です。この頃には念願の晴れ間が見えてきて絶景でした。
残っている雲が景色のいいアクセントになっていました。本当に絵のような景色でした。
DSCF1110.jpg DSCF1113.jpg
DSCF1115.jpg DSCF1117.jpg
DSCF1118.jpg



八方池から唐松岳までの写真。雪が所々に残っていました。さすが白馬。
いろんな場所でチングルマが可愛らしく咲いていましたね。
DSCF1123.jpg DSCF1124.jpg
DSCF1126.jpg DSCF1130.jpg
DSCF1120.jpg DSCF1129.jpg 



唐松山荘に到着しました。バッグを山荘前にデポして唐松岳山頂を目指します。
DSCF1131.jpg DSCF1133.jpg

荷物がないので快調に山頂へ。少し雲が多くなってきましたがいい景色でした。
DSCF1135.jpg DSCF1138.jpg
DSCF1137.jpg DSCF1144.jpg



岩場・鎖場を越えて五竜岳を目指します
唐松岳から五竜岳までの縦走ルートに入ります。
ここからは鎖場や岩場が続くので気を引き締めて進んでいきます。
DSCF1146.jpg

所々で高度感を感じる場所がありました。
DSCF1148 (1).jpg DSCF1150.jpg


危険ポイントを無事に越えて歩いていると・・・


あれ、何かが道端に落ちている?

DSCF1153.jpg


近づいてみると・・・
DSCF1154.jpg



ライチョウ!!
DSCF1155.jpg

登山道の真ん中で「ここはウチの領地(シマ)だ」と言わんばかりにくつろいでいました。
2、3メートルまで近づいても逃げません。初めてライチョウを見ましたが可愛いやつですね。



五竜山荘に到着!
八方池山荘から歩き始めて約5時間、五竜山荘にたどり着きました。
DSCF1163.jpg DSCF1162.jpg

部屋の中はこんな感じ。上段、下段にそれぞれ居住空間があり、カーテンで廊下とセパレートできます。
広さは布団7枚を敷ける程度です。平日だったためだと思いますが、1区画を私たちだけで貸切でした。


五竜山荘まわりの景色。
午後になり雲が増えてきて、夕飯後には完全に山荘はガスの中に入ってしまいました。
DSCF1174.jpg DSCF1173.jpg
DSCF1170.jpg DSCF1184 (1).jpg



この日の登山はこれにて終了。
夕飯(カレー)をいただき、20時ぐらいには就寝しました。
カレーと味噌汁はおかわり自由でした。大変ありがたいご配慮です。

明日に残す山行は五竜岳登頂とアルプス平までの下山です。
翌日は午後から天気が崩れるという予報だったので、天気がもってくれることを願い眠りにつきました。

唐松岳までのコースはかなり歩きやすく、絶景を楽しめます。
山頂までは・・・という人は八方池まででもトレッキングすることをオススメします。







スポンサーリンク
タグ:登山
posted by K-YSD at 15:54 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: