2017年06月02日

【雲取山】標高YEARで賑わう雲取山に行ってきたよー 2日目【東京都】

2017年5月20-21日 雲取山(2017 m)

DSCF0852.jpg(雲取山山頂で撮影)

服装、コースタイム、1日目の詳細はこちら
この日記の詳細では2日目の詳細(雲取山荘から山頂、下山)を紹介します。
この日も天気は良好。山頂からは遠くの富士山までを見渡すことができました。
また、下山後の温泉と食事についても気に入ったので少しご紹介します。





スポンサーリンク





早朝に山頂に向けて出発! εε┏( ・_・)┛
早朝といっても日は昇った後なんですけどね。
朝日を見ようかとも思ったのですが、睡眠欲求に負けました。

5時に起床し、出発の準備を整えます。
この時間ですと、半分ほどの人たちは出発していたのではないでしょうか。
部屋によっては一人もいない状況も見かけました。山屋の朝は早いですね。


朝日に照らされる靴箱がいい雰囲気だったので写真に収めました。
DSCF0837.jpg


トイレットでの準備も済ませ、出発です。時刻は6時15分ぐらい。
平日だったらまだ爆睡している時間ですね。たまの早起きはいいものです。
DSCF0840.jpg



山頂までの登りは少し勾配がきつくなりますが、30分ほどなので苦にはなりません。
朝の涼しい時間帯なので、気持ちいい登山でした。
DSCF0844.jpg 


途中にあった何かの祠。
DSCF0841.jpg




山頂に着きました。山頂には雲取山イヤーの記念モニュメントが新たに建てられています(左写真)。
もちろん、今までの山頂の目印も残っていますのでご安心を(右写真)。
DSCF0845.jpg DSCF0852.jpg


山頂からの景色。写真には残っていませんが、天気が良いため富士山も見ることができました。
DSCF0851.jpg DSCF0853.jpg


雲取山イヤー記念バッジ。山荘に宿泊すると貰えました。これだけでも記念になりますね。
DSCF0856.jpg


鴨沢ルート方面。公共交通機関でアクセスして、こっち側に下山でもよかったなーと。
DSCF0855.jpg




登頂を果たしたのであとはサクサク下ります。1日目と同じルートですし。
今度こそ鹿の写真が撮れないかなーと期待していたのですが、会えずじまいで残念でした。


帰り道の写真を2枚ほど。桜が少し残っていて綺麗でした。
DSCF0858.jpg DSCF0864.jpg



ここまでで登山は終了です。昼前には下山して、温泉と食事に行きました。
やはり、温泉と食事までを含めてこその登山ですからね。




旅館「谷津川館」へ日帰り入浴に行ってきました (A・ω・o)
奥秩父で良さそうな温泉を探したところ、上記旅館がヒットしました。
静かな自然の中に佇む秘湯という雰囲気でした。建物も綺麗で気に入ったのでいざ入浴へ。
露天風呂も綺麗で、人もほとんどいなく快適でした。私たちは入りませんでしたが、足湯もあります。
DSCF0884.jpg DSCF0881.jpg

ホームページはこちら↓
http://www.yatsugawa-kan.co.jp/index.htm




温泉の後はジビエ料理をいただきます (゚д゚)
この頃には時間は14時を回っていました。朝からまともに食べていないので、お腹が・・・。
近くにジビエ料理で口コミの良いお店があったので行ってみました。

『きのこの里 鈴加園』
DSCF0894.jpg DSCF0895.jpg


シカ、熊、イノシシの焼肉を食べることができます。熊とイノシシが全然臭くなくて食べやすかったです。
この地域の昔ながらの料理法である石器焼き料理でいただきます。ワイルドだろ。
DSCF0886.jpg DSCF0892.jpg


決して華やかな食材ではないのにもかかわらず、盛り付けや彩りが綺麗。こういう料理いいなーと思いましたね。
もちろんとても美味しい。デザートの果実をそのまま使ったゆずシャーベットも気に入りました。
DSCF0891.jpg DSCF0893.jpg




1泊2日の雲取山イヤー登山は満足のいく内容で終了しました。
機会がある方は今年登られてみてはいかがでしょうか。記念になりますよ。


関東の百名山はおおよそ登り尽くしてきたでしょうか。やはり長野に遠征に行きたいですね。

あとは機会があれば海外の山にも。






スポンサーリンク
タグ:温泉 旅行 登山
posted by K-YSD at 21:49 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: