2016年12月22日

【海外旅行】台湾旅行の写真紹介 3日目【台湾/台南】

IMG_2178.jpg

台湾旅行3日目。1泊2日で台北を離れて台南まで足を延ばすことに。
台南は台北とは異なり、一気に南国の雰囲気になります。気候も亜熱帯。
南国らしく果物も美味しい。マンゴーを食べに行くのが一つの目標でした。

この日は、台南の歴史のシンボルである赤嵌楼安平古堡を訪れました。


※台湾旅行の概要(航空券、宿泊代など)についてはこちら




スポンサーリンク





台北から新幹線でGo!
台北から台南へは新幹線で移動。所要時間は1時間40分、料金は5000円ぐらいです。
台湾の新幹線は東海道・山陽新幹線をベースに作られたため、日本の新幹線とかなり似ています。

新幹線のホームから。
IMG_2173.jpg

新幹線の車両。見慣れた形だと安心しますね。
13925059_10153646953487750_726607500066879898_n.jpg



台南を代表する名所古跡『赤嵌楼』
レンガ造りの建物が歴史を感じさせます。オランダ統治時代からの建物なんですね。
赤色がメインなんですけど、くすんだ色味なので落ち着きます。
13912748_10153646953532750_6437323188187904779_n.jpg

13901527_10153646953582750_8912517553696807987_n.jpg

13876490_10153646953607750_3020911866024464229_n.jpg

赤嵌楼から眺める周りのビル群。
13900071_10153646953787750_6685940086821228298_n.jpg

日本人のツアー観光客が多くいたことに驚きました。台南も人気なんですね。



15時ぐらいにお腹が減ったので、軽くご飯を食べることに。
IMG_2177.jpg  IMG_2176.jpg

右はビール。左は何かのジュースでしたが忘れました。味になかなかクセがあったのは覚えています。
IMG_2174.jpg

ご飯の写真は撮っていませんが、角煮ご飯が普通に美味しかったです。




人工物と植物の組み合わせが美しい『安平古堡』
台湾北部の九份が『千と千尋の神隠し』の雰囲気なら、こちらは『ラピュタ』の雰囲気です。
西暦1623年にオランダ人が築いたレンガの城が原型になっています。
そこにガジュマルが生い茂り、人工物と植物が混じり合った独特の雰囲気を示しています。
IMG_2178.jpg

コントラスト高めで撮影したのがこちら。
13939390_10153646953852750_4116889579160899987_n.jpg

レンガの内側の写真は撮っていないのですが、
暗い中に木々の隙間から光が入って所々が明るい様子はジブリ感ありますね。
13876367_10153646954037750_8827123158545268993_n.jpg




裏には池と展望スペースがあります。
13906829_10153646954062750_7022232650313064717_n.jpg 

13921134_10153646954147750_7320850081892348945_n.jpg

はるか彼方には雲がもくもく。南国の気候です。
13921132_10153646954227750_8817730951072747907_n.jpg


帰りに食べた青果店のマンゴーかき氷が最高に美味しかったです。
台南に来たらマンゴーは絶対に食べるべき。




台南を満喫し、夜はホテルのある高雄へ移動。高雄駅前は賑わってました。
なかなかタクシーが捕まらない。
IMG_2181.jpg

この日の宿泊は高雄85スカイタワーホテル
48階にあるシティホテルクラスの部屋でした。これでも1泊一人6000円ぐらいだったと思います。
日本の同じクラスのホテルと比べると格段にリーズナブルですね。
IMG_2182.jpg



台南は想像以上に良いところでした。繰り返しになりますが果物が美味しいところが素晴らしい。
それに台北と違って人が少ないです。ごみごみしていないのにそれなりに都会。
ゆっくり台湾の雰囲気を楽しむなら台南はオススメです。


次の日記では、4日目の高雄観光について紹介します。それでは。







スポンサーリンク
タグ:旅行
posted by K-YSD at 20:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: