2016年09月17日

【ふるさと納税】登山が趣味の人にオススメしたいふるさと納税【登山】



ふるさと納税」をご存知でしょうか。
ここ数年でメディアにもよく取り上げられるようになりました。

納税によって私たちが受けられる恩恵をざっくり説明すると以下の2点になります。
(1) 寄附金額マイナス2000円が翌年の住民税から還付、控除される
(2) 自治体からお礼の品(主に名産品)がもらえる

すなわち、2000円以上のお礼の品を頂いた場合には得をするわけですね。
というわけで私は3年前から毎年ふるさと納税をしています。

※控除上限額は年収や家族構成などで変化するので注意。詳しくは詳しいHPを見てください。
 ・ふるさと納税とは?(ふるさとチョイス)

今回はふるさと納税でもらえるお礼の品の中で、登山をする人に役立ちそうなものをまとめてみます。



スポンサーリンク





(1) モンベルポイントバウチャー
・自治体:長野県小谷村、大阪府千早赤阪村
・寄附金:11000〜500000円

私が個人的に最も良かったと思うのはこれ。寄附金の半額がモンベルポイントバウチャーとしてもらえます。
モンベルポイントバウチャーは、モンベル社の直営店、オンラインストアで利用出来るモンベルポイントの引換チケットです。
1年間のモンベルクラブ会員無料登録(既存会員は1年間有効期限延長)と、ポイント加算がセットの商品です。
モンベルクラブの会員費は年1500円なので、寄附金の半額+1500円の価値があるわけです。

私は40000円寄附をしたので、20000円のバウチャーをもらいました。つまり、
38000(住民税の控除額) + 20000円(バウチャー) - 40000円(寄附金額) = 18000円
の得をしたことになります。せこい話になってしまいますが。
このポイントを使ってチャチャバッグ35を購入しました。18300円なのでほぼタダで買ったことになります。
IMG_2334.JPG
モンベルで買い物をされる方はぜひふるさと納税しましょう。



(2) SOTOマイクロレギュレーターストーブ SOD-300S

・自治体:長野県 駒ヶ根市
・寄附金:30000円

登山にもってこいのバーナーです。73グラムという軽量さは持ち運びも容易。
銀色のフォルムがかっこいいですよね。2009年にはグッドデザイン賞を受賞しています。
定価は6600円の商品なので還元率は22%です。
バーナーを持っていない方はふるさと納税で手に入れてみてはどうでしょう。



(3) ビクセン Vixen 双眼鏡 アスコット SW10×50

・自治体:静岡県藤枝市
・寄附金額:46000円

アウトドアにおける使い勝手を最優先に設計された双眼鏡です。完全防水設計。
超広角レンズを通して山頂からの風景や星空を楽しめますよ。定価21000円というなかなかのお値段。
自分ではなかなか買わないだろうなと思う商品を貰うのもふるさと納税の醍醐味ですよね。



(4) EPSON WistableGPS GPSトレッキングギア MZ-500S

・自治体:長野県富士見町
・寄附金額:130000円

GPS機能搭載の腕時計。加えて、標高、気圧、気温、方位、緯度経度、日の出/日の入時刻を表示可能。
登山中の現在位置や状況が分かるのに加え、歩いたコースのログを録ることもできます。
Amazonでも5万円以上するハイスペック腕時計ですね。しかし寄附には年収が足りない・・・。



(5) ダウンハガー800 #3

・自治体:石川県羽咋市
・寄附金額:100000円

モンベルのダウン素材寝袋の中で最も使い勝手のよいと言われるダンウンハガー♯3です。
夏の高山から冬の低山キャンプまで使用することができます。
ダウンなので軽くて持ち運び◎。定価27500円ですのでまあまあの還元率かと。
羽咋市は、20万円を寄付するとこのダウンハガーにステラリッジのテントまでセットでくれます。



(6) アライテント エアライズ2

・自治体:埼玉県所沢市
・寄附金額:120000円

ウラヤマからヒマラヤまで使えると有名な山岳テント「エアライズ」の二人用モデルです。
コスパのいい山岳用テントというと、ステラリッジかエアライズのどちらかというのがネット上の評判です。
発色のいいオレンジがかっこいいですよね。俺も欲しい・・・。



とりあえず6商品を挙げてみました。お礼の品の一覧を見ていると、こんな物まであるのかと驚きます。
来年は双眼鏡でもゲットしてみようかなと思います。ふるさと納税でWin-Winしましょう。


スポンサーリンク
タグ:登山
posted by K-YSD at 19:57 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: