2013年10月11日

【船形山】紅葉狩り日和【秋山】

2012年10月7日 船形山 (1500 m)

300px-Mt_FUNAGATA.jpg(Picture from Wikipedia)

過去の山行です。


東北は紅葉真っ盛りの10月。天気も最高だったので船形山に登りに行った。船を逆さにしたような形が特徴。

泉ヶ岳や船形山は近いわりに一回も登りに行っていなかったので。車で2時間もあれば着くという好立地で紅葉もきれいなのはいいですね。




スポンサーリンク




■ 服装
ウインドブラストパーカー(mont-bell)
Tシャツ(asics)
スポーツタイツ(asics)
テニス用ハーフパンツ
GORE-TEX ティトンブーツ (mont-bell)
軍手

秋にもなると山頂の気温は低いことが予想されたのでフリースを持って行った。
歩いている時は暑くて半袖だったが、山頂で昼飯を食べたときにはフリースを着ないと風が冷たかった。



■ コースタイム
0900 旗坂キャンプ場登山口
1055 升沢小屋
1150 船形山 山頂
昼食
1230 下山開始
1415 旗坂キャンプ場登山口

片道6キロ半程度かつ登山口と山頂の標高差は約1000メートルなので、大変というわけでもなく軽すぎるわけでもない。ちょうどいい運動になると思います。『山と渓谷』によると登山口から山頂までの目安は4時間だそう。最初から山頂、さらに下山まで昼食以外に一度も休憩なしで歩いてこのぐらいの時間。帰りは運動のため途中走ったりしていたので少し早めでしょうか。



■ 詳細

船形山の旗坂キャンプ場登山口へのアクセスには2パターンが考えられた。すなわち(1)大和町から西に行くか、(2)泉ヶ岳から北上するかである。僕は距離が近そうだという理由で前者を選択した。しかし、後にこれは大間違いだったと気づくことになった・・・。

スクリーンショット 2013-10-09 1.11.41.png

車を走らせること1時間、泉ヶ岳に到着した。ここまではよかったのだが、ここから先は完全に砂利道かつ穴だらけのオフロードコース。前日あたりまで雨が激しく降っていたので道の端から端まで完全に水たまりになっている場所も3ヶ所ほど見られた。車の下をこすりながらなんとかたどり着く事ができたが、大衡から回るコースより余計に時間がかかってしまったのではと。泉ヶ岳から船形山へ抜ける道は通らないことを推奨します。急がば回れ。

Youtubeに初めてアップしてみた。こんな道を1時間半以上走ったので登る前から疲れてしまった。



ようやく旗坂キャンプ場に到着! 険しい道だった・・・
IMG_0622.jpg


すでに9時になってしまったので急いで出発。もちろん周りに人など誰もいないので黙々と登る。登山口を出発してすぐ登りが始まった。


木が登山道に倒れている所が数ヶ所あった。雷か突風か。
IMG_0623.jpg


さらに黙々と登って1時間ほどで升沢小屋に到着した。この辺でようやく人とすれ違うようになって安心した。が、小屋にはわき目も降らず進む。


小屋を過ぎると沢登り開始。前日までの大雨のせいなのかけっこう水がある印象を受けた。水に足をつける覚悟で進んでいった。靴下の替えを持ってきてよかったー。水で濡れたこの辺りの岩は想像以上に滑りやすかった。注意!

こんなところを登って行く。
IMG_0628.jpg


iPhoneから撮影したのでブレがひどいですがご容赦を。進む道は動画の23秒あたりに移している方向です。
沢登り後半から坂が急になりはじめた。ある瞬間にふっと視界が開け、黄色に染まった景色が現れた。動画の最後に山頂の小屋が写っているので、そっちを目指す。



ついに山頂到着!! 天気に恵まれてよかった!
IMG_0640.jpg


山頂にある小屋。以前の小屋が風で吹っ飛ばされたので立て直したため比較的新しい。
かぜの ちからって すげー!
IMG_0642.jpg


山頂で紅葉を楽しみながらカップラーメンを食べる瞬間・・・イイ(・∀・)!! 風もあり秋の山ともあって、お昼を食べている時は上にフリースを着ないと寒いぐらいだった。つまりカップラーメン日和。


帰りは愚直にひたすら登山口を目指して歩いた。船形山はずっと傾斜が続くわけではなく、途中に平坦な道がけっこうある。思ったより余裕があったので途中そこでランニングもしながら下山。


紅葉狩り登山っていいものだなと。今年も時間があればどこか行きたいものだ。
IMG_0635.jpg



スポンサーリンク
タグ:登山
posted by K-YSD at 02:00 | Comment(0) | 山行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: